肌トラブルは紫外線から

健康的な肌と紫外線カット(UVカット)の関係

肌トラブルは紫外線から紫外線(UV)は表皮細胞を傷つけ、炎症を起こします。軽いやけどと同じ状態で、サイバーンとよばれます。

 

肌の色素のメラニンは紫外線から皮膚を守る大切な役割をし、通常は肌の細胞の入れ替わりのサイクルの過程で抜けていき、新陳代謝を繰り返します。

 

ところが、サイバーンがひどいと、表皮の損傷を受け、メラニンが奥の真皮まで入り込み、シミやソバカスのもとになります。

 

 

また、紫外線は皮膚の細胞に作用して活性酸素を増加させます。活性酸素は細胞に悪影響を与えて皮膚がんを発生させたり、皮膚の老化を起こすといわれています。ざらざらして弾力性のない深いしわのある肌になってしまうのです。
これを防ぐ方法の一つとして、サンスクリーン剤の入ったUVカット化粧品を使用してもよいでしょう。

 

UVカット化粧品に表示されているSPF(Sun Protection Factor)値は、肌に影響を及ぼす中波長紫外線(UV-B)と長波長(UV-A)のうち、主としてUV-B防止効果を表すものです。

 

例えばSPF 2という表示は、そのサンスクリーン剤を塗布した場合、塗布しない皮膚と同程度の日焼けをするのに2倍の時間がかかることを示しています。

 

SPF値が高すぎても肌への負担が大きくなるので、日常生活でのUVカットには15〜20が適当です。

 

UVカット化粧品は、一度顔全体にのばしてから、日焼けしやすいほお骨や鼻に丹念に塗ります。また、化粧くずれで途中ではげては効果がないので、まめにつけ直します。

 

UVから肌を保護するには、UV量の多い正午頃の外出をなるべく避け、外出時には帽子をかぶるといった注意も必要です。

 

なお、日焼けをしたら、赤くなった部分を冷水に浸したタオルなどで冷やします。皮膚はデリケートになっているので、絶対にこすったりしないように気をつけます。赤みやほてりが鎮まるまでメイクはしないほうがよいでしょう。