肌トラブルは睡眠から

健康的な肌と睡眠、成長ホルモンの関係

肌トラブルは睡眠から睡眠中に脳の下垂体(かすいたい)から成長ホルモンが分泌され、血液にのって体中に運ばれ、細胞を刺激します。

その結果、表皮細胞の核分裂が起こり、新しい細胞ができます。

 

一般に肌の再生が最も盛んになるのが午後10時から午前1時の間で、午前5時〜10時が最低だといわれます。できるだけ午後10時前に寝るようにしましょう。

 

また、眠るときには汚れを完全に落とし睡眠中に皮膚の再生が十分行なわれるようにもします。

 

クリームなども、昼間よりも夜の睡眠時のほうが染み込みやすいといわれています。

 

睡眠が浅いと成長ホルモンの分泌が少なくなるので、質の高い深い眠りを得られるように工夫をするとよいでしょう。

 

睡眠による美肌

徹夜した翌日は肌がカサカサになり、化粧のりも悪かったという経験をもつ人は多いはずです。その原因は、前日の古い状態の皮膚がそのまま残っているからです。

 

皮膚をつくりだす基底層という部分の細胞分裂が、だいたい午後10時から午前1時までの間の、夜にしか行われないことが、皮膚科学の研究によって明らかになっています。

 

睡眠中に大量に分泌される成長ホルモンが、たんぱく質の合成を促して皮膚を修復し、皮膚の細胞分裂を進めます。

 

現代の社会ではどうしても夜間に活動することが多く、寝るのが遅くなり、睡眠時間も削ることになりがちです。

 

そうなると、皮膚が細胞分裂によって美しくなるチャンスを逃してしまい、老化も進みます。みずみずしい健康的な素肌を保つためには、眠りにつく時間にも十分気をつけて、遅くとも12時前には眠るように心がけましょう。

 

page top