肌トラブルは乾燥から

健康的な肌と乾燥肌の関係

肌トラブルは乾燥から正常な肌の角質層には約20%の水分が含まれています。

その水分を保つ働きをしているのが、皮脂、NMF(自然保湿因子)、角質細胞間資質(セラミド)とよばれる三つの要素です。
これらは、角質層の柔軟性や潤いを保ち、肌を乾燥しにくくしています。

 

皮脂の分泌やセラミドが少なくために角質層の水分が不足すると、柔軟性が低下し、角質も硬くなり、もろく亀裂が生じやすくなります。
皮膚がかさかさしたり、肌あれが起きやすい、いわゆるドライスキン(乾燥肌)状態です。

 

例えば、冷房や暖房をかけっぱなしにしていると、肌は乾燥して、健康な角質層を得られなくなります。

 

 

また、洗顔の際に汚れとともに健康な皮脂がいっしょに洗い流されてしまいます。洗顔後、皮脂が不足したままでは、乾燥肌なりかねないので、乳液や化粧水などで補いましょう。

 

ただし、保存剤や香料などの添加物でかぶれといった肌トラブルをひきおこさないように、自分に合ったものを選びます。

 

加齢とともに皮脂の分泌が減少し、水分を保つ働きも衰えていくので、誰でも乾燥肌になりやすい傾向があります。高齢の人は、若いとき以上に油分を補いましょう。

 

若い世代でも、アトピー性皮膚炎の人の肌は水分が損なわれ、乾燥肌になりがちです。

 

セラミドが健康的な人の3分の2程度しかないため、皮膚のバリア機能が低下して水分が足りなくなり、炎症を起こしやすくなるのです。
アトピー性皮膚炎の場合は、専門医にかかる必要があります。