肌トラブルは便秘から

肌トラブルと便秘の関係

 

肌トラブルは便秘から便秘により腸の動きが悪くなって、排泄されるはずの老廃物が腸に長時間とどまると、成分の一部は大腸の壁から血液中に吸収されてしまいます。

 

血液中に老廃物が増えると、表皮の下を通っている毛細血管の流れが悪くなるため、肌を健康に保つために必要な栄養分や酸素が送られにくくなり肌トラブルの原因となります。
また、肌のターンオーバーがスムーズにいかなくなるため、ふきでものができやすくなります。

 

繊維質の野菜を多くとるなどして、便秘にならないように便秘予防にも気をつけましょう。