肌荒れの原因とスキンケア

肌荒れの原因と4つのスキンケア方法

肌荒れは、角質層が傷ついてバリア機能が低下し表皮が炎症を起こした状態です。
皮膚の水分が蒸発しがちでカサカサし、外から雑菌や有害物質が侵入しやすいので炎症が起こるようになります。

 

肌荒れを防ぐには、角質層を傷つけないことが第一ですが、それには正しい洗顔と適切な洗顔後のケアが不可欠です。

 

まず、自分のスキンタイプを知り、それに合った化粧品を正しく使いましょう。

 

スキンタイプは次の4つに分けられます。

普通肌

皮脂が少なめで、水分は多めの潤いのある肌です。年齢とともに乾燥肌になりがちです。

乾燥肌

皮脂、水分とも不足している状態で、かさつきやすく、肌荒れしやすい肌です。

乾燥脂性肌

皮脂は多いのに、水分が不足している状態で、かさつきがちな肌です。

脂性肌

皮脂も水分も多めの状態です。ニキビ・ふきでものができやすい肌です。

 

 

このほか、特定の物質にアレルギー反応を示す「敏感肌」があります。

 

 

基礎化粧品は種類によって役割が違います。化粧水は水分補給、美容液は保湿、乳液とクリームは水分を蒸発させないように人工皮脂膜をつくることが目的です。

 

自分で肌の状態を把握し、化粧品を足したり引いたりして肌の状態をベストに保つ工夫をしましょう。

 

バランスを欠いた食事や睡眠不足、ストレスも肌荒れの原因になるので、注意が必要です。

 

肌トラブルがある人でも安心して使える低刺激性で肌に優しい

 

page top