シミ・ソバカス・肌荒れ

シミ・ソバカスの作られ方

 

皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層に分けられます。

 

一番上にある表皮はさらに、基底層、有棘層、顆粒層、角質層に分けられ、基底層で生まれた細胞は表面に向かって移動し、28日目ぐらいに垢となってはがれ落ちます(ターンオーバー)。

 

紫外線を浴びると、基底層にある「メラニン産生細胞」が皮膚を保護するために黒褐色のメラニン色素をつくり、近くの細胞に供給します。

 

通常メラニン色素は細胞とともにターンオーバーによって体外に排泄されるのですが、紫外線を何度も浴びたりすると、メラニン色素が多量に、またいつまでもつくられ続けます。

 

その結果、沈着を起こし、シミやソバカスになってしまうのです。

 

なお、メラニンの量は紫外線だけでなく、ホルモンや精神的ストレスなどによって左右されることが多くあります。

 

page top