色素沈着(シミ・ソバカス以外)

シミ・ソバカス以外の色素沈着を見て行きましょう。

真夏に大量の紫外線を浴びた後、肩や胸などに残る花びら状のシミを「光線性花弁状色素斑」、ナイロンタオルなどの摩擦によって皮膚をいためたために起こる「摩擦黒皮症」、化粧かぶれやニキビ、すり傷や切り傷の後にできる「炎症後の色素沈着」があります。

 

いずれも表皮にメラニン色素が沈着するもので、決定的な治療法はありません。

色素沈着(シミ・ソバカス以外)関連ページ

シミの原因と治療
30歳以上の女性のほおや目のまわり、額などにできる色素沈着です。
ソバカスの原因と治療
日光を浴びやすい場所に発生します。人種別では白人に多く、日本人でも色白の人によくみられます。
シミ・ソバカスの作られ方
シミ・ソバカスの作られ方を掲載しています。紫外線を避け、適切なスキンケアを行って、美肌を守りましょう。
メラニン色素が皮膚に沈着
シミもソバカスも、メラニン色素が皮膚に沈着したものです。ソバカスは医学上の雀卵斑(じゃくらんはん)という病名に相当しますが、シミは医学的な概念と一般的なイメージに少々ズレがあります。
肌荒れの原因とスキンケア
肌荒れの原因と4つのスキンケア方法など肌荒れを防ぐ方法と原因を解説。まず、自分のスキンタイプを知り、それに合った化粧品を正しく使いましょう。
シミ・ソバカスと紫外線対策
このエントリーではシミ・ソバカスと紫外線対策を説明しています。シミ・ソバカスなどの皮膚障害をもたらす主な原因は、日光に含まれる紫外線と老化によるものです。