ソバカスの原因と治療

ソバカスの原因と治療を詳しく見て行きましょう。

 

色は淡褐色から黒褐色、大きさは粟粒大から小豆大の点状の色素斑で、左右のほおを筆頭に、顔、腕、肩、背中など日光を浴びやすい場所に発生します。

 

人種別では白人に多く、日本人でも色白の人によくみられます。

 

ソバカスの原因

遺伝なので、同一家族内に多発します。

 

ソバカスの経過

5〜6歳ごろに生じ、しだいに色が濃くなって、思春期がもっとも顕著です。
ふつう30歳を過ぎると色調が淡くなりますが、生涯変わらない人もいます。

 

日光の照射時間が長い春から夏にかけて濃くなり、数も増える傾向がみられます。

 

ソバカスの治療

薬で根治することは難しいものの、ビタミンCの内服などで多少は目立たなくなります。

 

page top