シミの原因と治療

シミの原因と治療を詳しく見て行きましょう。

30歳以上の女性のほおや目のまわり、額などにできる色素沈着です。

 

境界のはっきりした淡い茶色のシミが、左右対称に発生します。大きさや形はさまざまで、かゆみや発赤などの症状はありません。

 

シミの原因

表皮細胞のメラニン色素の量が増え、沈着するために起こりますが、なぜそうなるのかはわかっていません。

 

妊娠、月経異常、卵巣の病気や機能異常、経口避妊薬の長期連用などが引き金になることが多く、女性ホルモンが影響していると考えられています。

 

日光を浴びると悪化の要因になります。

 

 

シミの経過

多くは慢性化します。
排卵から次の月経開始までを黄体期といいますが、この期間やストレスが増えたときに、色が濃くなる傾向がみられます。

 

妊娠によるものは、出産すると治ります。

 

シミの治療

ビタミンC・Eやトラネキサム酸を長期間、内服するのが一般的です。
四物湯(しもつとう)や温清飲(うんせいいん)などの漢方薬もよく用いられます。

 

治療によってシミはしだいに目立たなくなっていきますが、効果の程度には個人差があります。

 

シミの原因と治療関連ページ

ソバカスの原因と治療
日光を浴びやすい場所に発生します。人種別では白人に多く、日本人でも色白の人によくみられます。
シミ・ソバカスの作られ方
シミ・ソバカスの作られ方を掲載しています。紫外線を避け、適切なスキンケアを行って、美肌を守りましょう。
色素沈着(シミ・ソバカス以外)
表皮にメラニン色素が沈着するものです。
メラニン色素が皮膚に沈着
シミもソバカスも、メラニン色素が皮膚に沈着したものです。ソバカスは医学上の雀卵斑(じゃくらんはん)という病名に相当しますが、シミは医学的な概念と一般的なイメージに少々ズレがあります。
肌荒れの原因とスキンケア
肌荒れの原因と4つのスキンケア方法など肌荒れを防ぐ方法と原因を解説。まず、自分のスキンタイプを知り、それに合った化粧品を正しく使いましょう。
シミ・ソバカスと紫外線対策
このエントリーではシミ・ソバカスと紫外線対策を説明しています。シミ・ソバカスなどの皮膚障害をもたらす主な原因は、日光に含まれる紫外線と老化によるものです。